長距離・遠距離恋愛の倦怠期を素早く抜け出すコツ

gf1420096695

出会った頃の新鮮な気持ちになれない……
対満期にどんなラブラブなカップルにも起こる可能性があります。
周りに新鮮な環境が整う遠距離恋愛カップルにおいて、対満期をどう乗り切るかが関係継続の鍵につながります。

怠慢期に関係が悪くなると、もとの恋人同士には戻れません。
どう怠慢期を乗り切るかが、さらに幸せな関係になれるかが決まるんです。

 

接触回数を増やして倦怠期を乗り切ろう

怠慢期を乗り切るには、恋人とのコミュニケーションを増やしてみるのが効果的です。
昔の遠距離恋愛はコミュニケーションの方法が限られていました。
遠い環境にいる恋人に電話をしたり、手紙を書いたりするしか方法はなく、遠距離恋愛で寂しい気持ちを加速させたでしょう。

 

しかし、最近はSNSという便利な存在があります。
電話や手紙は仕事や勉強で忙しくて出来ず、関係が面倒に感じてしまう人もいるかもしれません。
そうした人はSNSを活用するのがいいでしょう。
気軽な気持ちで連絡が取れるSNSは遠距離恋愛で貴重なコミュニケーションツールです。
こうしたSNSツールを活用し、コミュニケーションを増やせば、相手の寂しい気持ちも和らいでいきます。

 

どんなにSNSツールやテレビ電話が普及してもお互いに直接会うのが一番です。
もし、SNSツールや電話中に『このままではマズイ……』
そう感じたら、直接会ってみましょう。
遠距離恋愛の関係を良くする一番の方法は、直接会うことだからです。

 

時間やお金はかかってしまいますが、恋人の存在には代えられません。
別れる危険性を少しでも回避できるなら、時間やお金の存在はあまり気にならないでしょう。
お互いに恋人に会えて、嬉しい気持ちになることが怠慢期を乗り切る一番の方法だからです。

af0100001519

 

最初に出会った頃を思い出す

直接会えず、怠慢期になってしまったどうするか……
それは初心に帰りましょう。
初心に帰るとは、お互いが出会ったばかりのまだ恋人同士でない写真や日記を見直すことです。
お互いの思い出話に電話で花を咲かせるのもいいでしょう。

付き合い始めたことの話や思い出を考えるのは、恋人同士にとって新鮮な気持ちになれます。
昔の気持ちを思い出し、今の自分たちの状況を考える。
これが怠慢期を改善させる重要なことになります。

遠距離恋愛は残念ながら別れてしまうカップルも多いですが、無事に結婚までゴールインした遠距離恋愛カップルもいます。
結婚まで行くには怠慢期をどうにかする必要があります。
きちんと対策を打って、あなたの大切な人との関係を守りましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る