遠距離恋愛で出会う頻度はどれくらい?スカイプやLINEで我慢?

HG070_72A

街を歩いていると、仲が良さそうなカップルを見つけた。
遠距離恋愛中の恋人に会いたい……
そう思ってしまうのは悪いことではありません。
大好きな恋人がいるのに、遠距離恋愛中で会えないのはツライ事でしょう。
それを解決するのは遠距離恋愛中の恋人に直接会うしかありません。

 

そこで考えてしまうのは遠距離恋愛中の恋人に会う頻度です。スカイプやLINEで

我慢するだけではつらいですものね・・・・。
ではどのような頻度で恋人に会いに行けばいいのか?
関係を維持するには、どれくらいの頻度が必要になるのか?
今回はこの部分を考えていこうと思います。

 

遠距離恋愛で出会う一般的な頻度は月に1回が普通

頻度の基本は月に1回ですが、これはカップルによって差が生まれます。
遠距離恋愛は、就職や進学により恋人同士である2人が離れて、交際を続けることになります。
電話やメールが発達しても、昔のように毎日会うわけにはいきません。
簡単に会いに行けない遠くに恋人がいる人も珍しくないでしょう。

 

遠距離恋愛をしているカップルによって差は生まれますが、基本は1ヶ月に1回の割合で会っているカップルが多いです。
これがかなり離れているカップルなら3ヶ月に1回や少し近ければ2週間に1回の割合をしています。
普段会えない分、新鮮な気持ちになれるのが遠距離恋愛をする少ないメリットになるでしょう。

KK177_72A

もちろん、重要なのは頻度ではなく、お互いの気持ちです。
遠距離恋愛で重要なのは、会う頻度ではありません。
たくさん会う事によって、愛情が深まる場合もありますが、相手の気持ちを尊重せず、自分の都合を押し付けるようでは恋人の心は離れてしまいます。
頻度を増やすのではなく、相手の気持ちを考えた行動が必要になります。

会わない間のスカイプやLINEでの連絡は週に一回~二回ぐらいが良いと思います。

 

年に一回でも遠距離が続くカップルもいる

 

極端な例ですが、1年に1回しか会えない遠距離恋愛カップルも電話や手紙でお互いの気持ちを高めていくことは可能です。
逆に会う回数を増やしたとしても、どこかにひずみが生まれ、それを放置したまま関係を続ければ、いずれ破局を迎えます。
遠距離恋愛で重要なのは、会う頻度ではなく、相手の心を思いやった行動にあります。

 

変わってしまったお互いの環境や人間関係を重視しつつ、会えるときの楽しさを考える。
これが遠距離恋愛の楽しさになります。
週末カップルでは味わうことができない、織姫と彦星のような限られた時間しかいられない関係。
これはある意味、お互いの関係をより深いものにしてくれます。

 

無理に会おうとするのではなく、お互いの環境や仕事・学校のペースを考慮し、会える時間を増やしていきましょう。
なかなか会えないとストレスが溜まるかもしれませんが、その不満を相手にぶつけるとケンカになってしまいます。
仲のいい関係を続けていきたいですね。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る